「お仕置きの時間」を読んだ感想