「傘寿まり子」を読んでみたレビュー