「セブンティウイザン」を読んでみたレビュー